青汁っていっぱいあって、どれがいいのか分からない人は必見!ここでは通販と市販の青汁を比較しておすすめを紹介していきます。

青汁買うなら通販?市販?青汁評価比較サイト!

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

青汁のネット広告をよく目にしますが、大体の商品が通販サイトで販売されているものですよね。

ネットから注文できるのは便利ですが、定期お届けコースの解約など、手間がかかる部分もあり、注文するのを迷う方もいるのかもしれません。

店頭で売られているものなら手軽に購入できますが、通販の青汁より数が少ないように感じます。

そ個で今回は、市販の青汁と通販の青汁を比較し、それぞれの青汁の特徴についてご紹介していきます。

初めて青汁を購入しようとしている方も、新しい青汁を探している方も、是非ご自分に合った青汁を探す参考にしてくださいね。

【市販の青汁】

日清オイリオ/スキッと快通青汁

価格 3,456円(税込)

 

内容量 4.3g×30包(10日分)
主原料 ケール末,水溶性食物繊維(難消化性デキストリン),ショ糖,麦芽糖,緑茶末,スピルリナ末

 

カロリー 11kcal

 

調味料メーカーとして知られる日清オイリオから発売された、特定保健用食品(トクホ)の青汁です。

野菜の王様と呼ばれる「ケール」と天然の食物繊維「難消化性デキストリン」を配合し、お腹の調子を整え、毎朝のすっきりをサポートします。

難消化性デキストリンは、糖や脂肪の吸収を抑えたり、便秘を改善する作用のある栄養成分です。

脂肪の吸収を抑える効果のある商品に使われていることが多く、「楽に痩せられる成分」として注目が集まっています。

難消化性デキストリンは、主にトウモロコシから抽出される自然由来のでん粉であり、水溶性食物繊維に分類されるものです。

高いダイエット効果が期待できますが、人工的に作られたものではありませんので、安心して摂ることができます。

ケールにも豊富な食物繊維が含まれているので、二つの作用で頑固な便秘も解消できるのではないでしょうか。

熊本県産ケールと緑茶を使用し、甘さがなく、すっきりとした味わいですが、後口に少々ケールのクセを感じるようです。

しかし、ケールの青汁としては比較的のみやすいという口コミもありますので、お茶の代わりにお召し上がり頂けるのではないでしょうか。

青汁といえば、便秘を改善するだけでなく、野菜不足解消のために飲まれる方もいらっしゃると思いますが、この青汁で最も多く配合されている成分は難消化性デキストリンです。

ケールをベースとした青汁ですが、どれだけ野菜の成分を摂取することができるのか分かりません。

お通じのお悩み解消やダイエット効果を期待している方にはおすすめできますが、乱れた食生活を改善したい方には、効果が実感できないこともあるでしょう。

伊藤園/毎日1杯の青汁 粉末タイプ(有糖)

価格 1,523円(税込)

 

内容量 7.5g×20包(20日分)

 

主原料 :砂糖,大麦若葉粉末,ブロッコリー粉末,海藻カルシウム,豆乳粉末(麦芽糖,豆乳),マルトデキストリン,スピルリナ,でん粉,はちみつ粉末(はちみつ,デキストリン),緑茶粉末,ほうれん草粉末,ケール粉末

 

カロリー 26kcal

 

ケールやブロッコリーといった緑黄色野菜が主原料になっていますが、中でも大麦若葉は30枚以上使用されており、豊富な栄養素を摂取することができるでしょう。

食物繊維の多さがよく知られている大麦若葉ですが、高血圧や動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病を予防するSOD酵素という成分も豊富に含まれています。

生活習慣病や老化の原因は活性酸素にありますが、この酸素を抑制してくれるのがSOD酵素です。

人間は呼吸することで活性酸素を体内に取り入れてしまいます。

しかし、活性酸素は身体をさび付かせ、細胞が衰えることで私たち人間の身体は老いていきますが、大麦若葉を摂取すれば病気の予防だけでなく、いつまでも若々しい身体を保つサポートをしてくれるでしょう。

大手飲料メーカー伊藤園から発売されている青汁ですので、他のメーカーに比べ野菜の青臭さが少なく、飲みやすい青汁といえるのではないでしょうか。

この他に飲料タイプや無糖タイプも販売されています。

有糖タイプは抹茶ラテのような甘さがあり、野菜のクセは感じられませんので、青汁が苦手という方や、初めて青汁を飲むという方におすすめの青汁です。

ただし、砂糖やハチミツを使用しているため、通常の青汁よりも若干高カロリーですので、ダイエット中の方には不向きかもしれません。

また、配合されている原料の詳しい産地や栽培方法が記載されておらず、オーガニックにこだわりたい方、野菜ギライナお子さんに飲ませたいという方には不安が残る商品といえるでしょう。

ヤクルトヘルスフーズ/青汁のめぐり

※一度にたくさん飲むと、お腹がゆるくなる可能性がありますのでご注意ください。

価格 2,160円(税込)

 

内容量 7.5g×30袋(15日分)
主原料 大麦若葉エキス末(大麦若葉エキス,デキストリン),水溶性食物繊維,ガラクトオリゴ糖,デキストリン

 

カロリー 45kcal

 

この青汁の注目ポイントは、食物繊維と腸まで直接届くガラクトオリゴ糖が体内をめぐり、体の中から元気とキレイをサポートしてくれるところでしょう。

ヤクルトに含まれるガラクトオリゴ糖は、牛乳や母乳に含まれる成分であり、整腸作用を持つオリゴ糖の一種です。

熱や三に強く、調理や保存中に壊れることが少ないため、直接大腸に届くことが確認されています。

バナナやキャベツなどの食品にも含まれていますが、とても量が少なく、食品から十分な量を摂取することは難しいでしょう。

この成分には整腸作用の他、赤ちゃんの成長を促す作用や、志望の代謝を助ける作用があります。

中性脂肪を燃焼させ、コレステロールの値を下げる効果があるので、食生活が乱れがちな方に摂って頂きたい成分です。

1包 7.5gと、通常の青汁より大容量で、緑をぎゅっと閉じ込めた粉末は濃い緑色をしていますが、水によく溶け、味はそれほど濃くありません。

ガラクトオリゴ糖が青汁特有のクセを消し、すっきりとした味わいで、後口に甘さが残るのが特徴です。

主原料である大麦若葉は、自社工場のある大分県国東半島周辺の契約農家が化学肥料・農薬不使用で育てた良質なものを使用しています。

しかし、大麦若葉の粉末ではなく、エキスが使われているため、乳酸菌による腸内環境の改善効果は期待できますが、野菜不足解消効果はいまひとつのようです。

青汁は苦手だけど、お通じで悩んでいたり、青汁ダイエットに挑戦したい女性や、コレステロール値の気になる男性にもおすすめの青汁ではないでしょうか。

フジワラ化学株式会社/フジワラの青汁(粉末タイプ)

価格 3,499円(税込)
内容量 3g×30包(10~30日分)

 

主原料 有機ケール,クマザサエキス,アオシソエキス

 

カロリー 6kcal

 

この商品は、有機ケール100%の青汁であり、有機JAS認定商品です。

添加物を一切使わず、国産素材を使用しています。

畑作りにもこだわり、2年以上化学肥料を使用していない土壌で栽培されていますので、安心してお飲み頂けるでしょう。

マイクロパウダー製法を採用し、粉末が細かく、ケールの栄養素が体に吸収されやすいのも特徴です。

緑黄色野菜の王様と呼ばれるケールは、キャベツの原種と言われていますが、キャベツとの大きな違いは栄養価の高さにあるでしょう。

ケールは豊富なビタミンやミネラル、食物繊維を含んでおり、抗酸化作用によるアンチエイジング効果やがん予防効果の他、血中コレステロールの値を下げたり、食後の血糖値の上昇を抑制する効果が期待できます。

他にも、豊富な食物繊維が摂取できるケールですが、カルシウムは牛乳の2倍、Βカロテンはにんじんの2倍というとても栄養価の高い野菜です。

また、抗ストレス作用のあるビタミンCが豊富に含まれていたり、睡眠の質を改善し、リラックス効果を促すメラトニンが含まれています。

そのため、仕事や育児が忙しく、食生活が乱れがちだったり、ストレスにより体調を崩しがちな方におすすめの野菜といえるでしょう。

味は甘味料やお茶を使用していないため、野菜のクセが残り、好みが分かれるかもしれません。

口コミによると、キャベツのような甘さを感じますが、後味はスッキリしているようです。

しかし、有機JAS認定商品であり、性別や世代を問わず、多くの方々の健康をサポートしてくれるでしょう。

さらに、甘味料を使用していないため、ケールの自然な味わいを感じられるところも、この商品のおすすめポイントです。

オリヒロ/クマ笹青汁

価格 950円(税込)
内容量 3g×14包(14日分)

 

主原料 クマザサ末,難消化性デキストリン/糊料(プルラン)
カロリー 7kcal

 

健康食品メーカーから発売されている商品ですが、クマザサをベースに作られた青汁は珍しいのではないでしょうか。

クマザサにはクロロフィル(葉緑素)という成分が含まれており、悪玉コレステロールを排出し、血中コレステロールの値を下げるため、動脈硬化などの生活習慣病を予防します。

また、ダイオキシンや残留農薬を排出するデトックス作用、ヘモグロビンを生成する効果もあるので、貧血を改善することもできるでしょう。

さらに、抗菌・殺菌効果もあるので、ニキビの原因となるアクネ菌の増殖を防ぎます。

この青汁に加え、ビタミンCも摂取すれば、二つの成分の相乗効果により、美白効果を実感することができるでしょう。

この他に、トウモロコシから作られた天然の食物繊維、難消化性デキストリンも配合されており、お通じのお悩み解消効果や、ダイエット効果もあります。

このように、健康をサポートする成分だけでなく、美肌効果もあり、女性に嬉しい成分がたっぷり摂れる青汁です。

クマザサ茶のような味わいで、笹の香りが感じられ、青汁というより、健康茶を思わせるでしょう。

野菜の青臭さはありませんが、少々口の中に粉が残る感覚があるようです。

主原料は、アミノ酸やミネラルが豊富な北海道産のクマザサを使用しています。

しかし、糊料(プルラン)は安全性の確認された食品添加物であり、クマザサの詳しい栽培方法も記載されていないため、多少健康への不安が残るかもしれません。

他の商品と比較すると、1杯あたりの価格が70円と、お手ごろな値段設定になっています。

野菜不足解消効果よりも、乱れた食生活を改善してくれる商品です。

貧血改善や美肌効果が期待できるので、男性よりも女性にピッタリかもしれませんね。

【通販の青汁】

通販の青汁はこちらでもたくさん紹介されています。

>>おいしい青汁ランキング!みんなが選ぶ青汁はコレ

有限会社マイケア/めぐりごこち 楽・月・花

価格 3,240円(税込)

 

内容量 1.2g×30包(15~30日分)

 

主原料 あしたば葉茎末,オリゴ糖,生姜粉末,きくらげ粉末,黒糖,ヒハツ抽出物(デキストリン,ヒハツエキス),西洋ヤナギ抽出物,西洋オトギリ草抽出物,西洋ニンジンボウ抽出物

 

カロリー 4.5833kcal

 

体の中からキレイになることにこだわった、ハーブと生姜を配合した明日葉の青汁です。

女性の健康や美容の妨げとなる「冷え」に着目し、体を芯から温めるホット青汁を作りました。

冷え性で悩んでいる女性も多いと思いますが、冷えは女性にとって重大な病気を引き起こす原因であり、月経困難症や膀胱炎など、女性にとって重大な病気の原因となることもあります。

また、内臓が冷えると腸の働きが鈍くなり、溜め込みやすい体質を作りやすくなるでしょう。

色々なダイエットを試したのに、少しも痩せないと悩んでいる人は、これが原因なのかもしれませんね。

そんな悪循環を解消してくれるのがこの青汁です。

味は明日葉のクセを感じることはほとんどなく、生姜のピリッとした辛さがあるものの、ノンシュガーのハーブティーのような飲みやすさが特徴です。

ホットで飲むとまろやかな味わいを実感でき、生姜の効果で体がポカポカと温まります。

飲みにくいと感じる方は、豆乳やグレープフルーツジュースで割ってお召し上がりください。

この青汁は、苦味の少ない八丈島産明日葉を主原料としており、明日葉の根・茎・葉を余すことなく使用しています。

生姜やハーブの成分だけでなく、明日葉に含まれる健康や美容に効果的なカルコンやクマリンも摂取可能。

カルコンは血の流れを良くし、老廃物を体外に排出する作用があり、クマリンには女性ホルモンの乱れによる症状を改善する効果があります。

使われている原料は産地にこだわったものばかりですので、安心してお飲み頂けるのではないでしょうか。

キューサイ/はちみつ青汁

価格 3,909円(税込)

 

内容量 7g×30包(15日分)

 

主原料 ケール,ハチミツ,有胞子性乳酸菌/ビタミンC,ビオチン
カロリー 17.5~30kcal

 

キューサイの無農薬ケールと山田養蜂場のハチミツを配合し、二つの栄養素を一度に摂取することができます。

ケールは全国各地の契約農家が無農薬・有機栽培で生産しました。

土作りや種作りからこだわっており、安全性が保障されています。

1日2杯で緑黄色野菜140g(1日の目標摂取量は350g)に相当。

腸まで届く有胞子性乳酸菌も配合されており、ケールの豊富な食物繊維と合わせれば、お通じのお悩みを解消できるのではないでしょうか。

味はハチミツの甘さが強く、野菜嫌いな方におすすめの青汁です。

豆乳や牛乳で割るとおいしくお召し上がり頂けます。

しかし、野菜そのものの味わいを楽しみたい方や、甘いものが苦手な方には不向きかもしれません。

ハチミツは「天然の美溶液」と呼ばれるほどに栄養価が高く、150種類の栄養素を一度に摂取することができます。

甘みが強く、ダイエットに向いていないというイメージを持たれがちですが、白砂糖よりもカロリーが低く、血糖値の急な上昇がないため、インスリンの分泌が少ない食品です。

また、ハチミツには細胞を活性化させる抗酸化作用があるため、アンチエイジング効果が期待できます。

他にもビタミンBを有しており、新陳代謝を上げたり、肌荒れを改善してくれるため、ハチミツは女性に嬉しい成分を含む食品といえるでしょう。

この他に美肌をサポートする栄養機能食品、ビオチンも配合されており、脂質や糖質、たんぱく質の代謝を促し、皮膚や髪の健康を維持し、抜け毛やアトピー性皮膚炎を予防します。

このように、女性の健康や美容をサポートしてくれる成分をたっぷりと摂ることができる青汁であり、青汁ダイエットにチャレンジしたい方におすすめです。

株式会社 あしたば本舗/あしたば青汁みどり

価格 3,240円(税込)

 

内容量 5g×30包(15~30日分)

 

主原料 あしたば粉末,イソマルトオリゴ糖(粉あめ),食物繊維(難消化性デキストリン),抹茶,緑茶,還元麦芽糖,有胞子性乳酸菌,増粘剤(アルギン酸ナトリウム),有機キダチアロエ,熊の葉粉末

 

カロリー 14.4kcal

 

その名の通り、明日葉をベースに作られた青汁ですが、この青汁の特徴は、キダチアロエを配合しているところではないでしょうか。

キダチアロエの葉を切ると出てくるアロインという成分には、便秘を解消する効果があり、どんなに頑固な便秘でも半日あれば解消できると言われるほどです。

そのほかにも、血液中のコレステロールの値を下げ、血流を改善するため、心臓疾患など、循環器系の病気にも効果が期待できます。

主原料の明日葉は、伊豆諸島の三宅島の契約農家が農薬を使わず栽培しました。

しかし、伊豆諸島系の明日葉は苦味が強いためなのか、この青汁も甘みがなく、野菜の味をダイレクトに感じるようです。

また、スプーンで混ぜると溶け残りが多く、粉っぽさを感じるかもしれません。

苦手な方はフルーツジュースと混ぜたり、ハチミツや豆乳を加えると飲みやすくなるでしょう。

この青汁1杯に、忙しい現代人に必要な成分が凝縮されています。

とても栄養バランスが良く、食物繊維はレタスの約1.5個分、ビタミンEはにんじんの約5本分、カロテンはトマトの約8個分、カリウムはピーマンの約8個分摂取可能。

他にも熱や胃酸に強く、腸まで届く有胞子性乳酸菌を配合しているため、強力な便秘解消効果が期待できます。

これほど栄養バランスの整った青汁は少ないのではないでしょうか。

少々味にクセがありますが、便秘解消や心臓疾患の予防、野菜不足解消などの効果が得られるため、体の中からキレイを目指す女性だけでなく、男性にもお飲み頂きたい青汁です。

3種類の野菜をブレンドし、豊富なビタミンCが現代人の体をサポートする青汁!

ダイレクトテレショップ/青汁三昧

価格 6,000円(税込)
内容量 3.3g×60包(30~60日分)

 

主原料 還元麦芽糖水飴,難消化性デキストリン,ケール, ゴーヤー粉末,大麦若葉粉末,ビタミンC,ナイアシンパントテン酸Ca,甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物),ビタミンB6,ビタミンB2,ビタミンB1,葉酸,ビタミン12

 

カロリー 10.40kcal

 

ビタミンCが豊富なケール・大麦若葉・ゴーヤーをブレンドし、女性の美しさを体の中からも外からもサポートしてくれる青汁です。

美肌やアンチエイジング効果がよく知られるビタミンCですが、ストレスを軽減する副腎皮質ホルモンの合成を促進したり、鉄分の吸収率を高めることにより、貧血予防効果も期待できます。

また、女性に不足しがちなマグネシウムやカリウムも豊富です。

このように女性に嬉しい成分が豊富なビタミンCですが、抗酸化作用による免疫力アップやウイルス性の病気の予防、発がん物質抑制など、男女共に健康をサポートしてくれる働きをします。

熱に強いビタミンCを含むゴーヤーを使用し、この青汁を2杯飲めば、1日に必要なビタミンCの90%以上を摂取することが可能。

主原料は国内の契約農家で栽培されたものを配合しているので、安心してお飲み頂けます。

この他に、天然の食物繊維である難消化性デキストリンを使用しているので、お通じのお悩みも同時に解消できる青汁です。

他の青汁と比較すると、鉄分不足の解消や抗ストレス作用が期待できるところがおすすめのポイント。

仕事や育児が忙しく、ストレスによる心身の不調でお悩みの方に飲んで頂きたい青汁です。

アサヒカルピスウエルネス/しっかりおいしい1日分の青汁

価格 3,990円(税込)

 

内容量 6g×30包(30日分)

 

主原料 大麦若葉,発酵にんじん汁
カロリー 18.9kcal

 

この青汁の注目ポイントは、大麦若葉とにんじんのみを使用しているところでしょう。

独自開発の「発酵にんじん汁」は、アサヒ飲料研究所の15年以上にわたる研究により開発されたものです。

この発酵にんじん汁をブレンドすることで、100億個の乳酸菌をはじめ、豊富なビタミンやカロテンを配合することに成功しました。

この青汁1杯で緑黄色野菜の1日分の摂取量120gを越えるカロテンを摂取可能。

カロテンは体内でビタミンAに変わることで、抗酸化作用によるアンチエイジングやがん予防、免疫力アップ効果を発揮します。

また、皮膚や粘膜を丈夫にし、視力の維持にも有効な栄養成分です。

この栄養素が不足すると、角膜や結膜が乾燥し、ドライアイによる角膜炎や、結膜炎になる恐れがあると言われています。

他にも、口内炎の予防や白内障など、加齢による目の病気の予防や進行を遅らせる効果も期待できるでしょう。

そして、ミネラルやアミノ酸も同時に摂取可能。

砂糖や食塩などの調味料、添加物は一切使用していません。

味はリンゴのようにフルーティーで、にんじんジュースと緑茶を足したような、さっぱりとした味わいという口コミもあり、野菜のクセはあまり感じられないようです。

原料の大麦若葉は国内の契約農家が栽培しており、野菜の品質を損なわないよう、信州の工場でフリーズドライ加工しました。

しかし、原料の詳しい産地や栽培方法に関する記載が少ないという意見もあり、オーガニックにこだわっている方には不安が残る商品かもしれません。

しかし、添加物や甘味料は使用していませんので、野菜嫌いなお子さんにも安心して飲ませられますし、世代や性別を問わず、多くの方にお召し上がり頂けるでしょう。

まとめ

いかがでしたか。今回は配合されている成分に注目し、市販の青汁と通販の青汁を比較してきました。

各メーカーから工夫を凝らした多くの商品が発売されており、市販の商品も通販の商品も、それぞれの特色があるようです。しかし、市販よりも通販の商品のほうが、原材料の産地や栽培方法を詳しく記載しているように感じます。

 

市販と通販どちらの青汁を購入しようか迷った時は、ご自分のお悩みに合った商品を選んでみてはいかがでしょうか。

 

ベースとなっている野菜以外の材料に注目すれば、各商品の特徴が見えてきます。是非、購入する際の参考にしてみてくださいね。

Copyright© 青汁買うなら通販?市販?青汁評価比較サイト! , 2018 All Rights Reserved.